[PR]

 自動車業界の潮流のひとつである自動運転は、開発競争が特に激しい分野だ。トヨタ自動車は、ライバルと異なる視点で開発を進めている。その狙いはどこにあるのか――。

 2019年1月、米ラスベガスで開かれた家電・技術見本市の「CES」。トヨタは「ガーディアン」と呼ぶ自動運転技術を他社に提供する、と発表した。

 トヨタは自動運転技術を二つに分けて開発を進めている。ガーディアンは安全運転をサポートする技術だ。ドライバーの状況をセンサーなどで観察したり、運転ミスによる衝突を車が避けたりして、乗る人を守る。ガーディアンは英語で「守護者」の意味だ。

 もう一つは、車が人間の代わり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら