写真・図版

[PR]

ののちゃんのDO科学

「ほくろは、なぜできるの?」

東京都・野口菜夏さん(小1)などからの質問

ののちゃんのDO科学
ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。
science@asahi.com

 ののちゃん お母さんが、腕にほくろができたとこぼしていた。

 藤原先生 ほくろは「母斑細胞」という細胞の集まりなの。正式には「母斑細胞母斑」とか「色素性母斑」と呼ばれているよ。だれにでも多かれ少なかれある。ある時、母斑細胞が、メラニンという色素を生産し始めて、茶色や黒く見えるようになるのよ。

 のの そういえば、赤ちゃんにはほとんどほくろが見えないね。

 先生 生まれたときから、メラニン色素が多くて黒く見える場合もあるけど、3、4歳ごろから成長につれて増えるそうよ。大人になってからできる場合もあるの。

 のの 増えるのは、なにかきっかけがあるのかな

 先生 体の成長やホルモンの変…

この記事は有料会員記事です。残り792文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り792文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り792文字有料会員になると続きをお読みいただけます。