[PR]

 カラオケ機器メーカーが手がける「歌える観覧車」が人気――。そんな話を、この会社の広報担当者から聞きつけた。ゴンドラがぐるり1周する15分間に、どんな体験ができるのか。世界初の導入施設という東京都内の遊園地を訪ねた。

 「気持ちよかった!」

 7月下旬の東京ドームシティアトラクションズ(東京都文京区)。観覧車「ビッグ・オー」を訪れると、笑顔をはじけさせた親子や若者が次々とゴンドラから降りてきた。カラオケ観覧車を体験した人たちだ。ゴールデンボンバーを歌った稲垣瑛太君(6)は「高いところで迫力があった」。この日だけで4回体験した日比野さくらさん(12)は「テンションが上がる」。

 カラオケは、40あるゴンドラ(4人乗り)のうち8台で楽しめる。地上80メートルから望む富士山や東京スカイツリーなどの眺めが自慢の観覧車に、2017年夏に新サービスで加わった。

 マイクは2本。もともと室内にあったタッチパネル画面に映像と字幕が流れ、AKB48や星野源さんらの日本のポップス、演歌やアニメまで、幅広いジャンルの200曲以上を収録する。

 街中のカラオケボックスとの違…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら