• アピタル

農作業で心の健康を支援 埼玉の農園、うつ病克服を元に

有料会員記事

吉岡資
[PR]

 うつ病や引きこもり発達障害などに悩む人たちを「農業」で癒やす取り組みが行われている。自身もうつ病の経験がある女性が運営する埼玉県白岡市の農園「ファーム&ガーデン白岡」。先月までにクラウドファンディングで100万円の資金を集め、活動の収益化を目指して新たな一歩を踏み出した。

 農園はJR白岡駅から東に約3キロ半。オーナーの吉沢貴世さん(57)が9年ほど前に開いた。約1ヘクタールの農地で、ジャガイモやニンニク、ハーブなどを無農薬・無化学肥料の自然農法で栽培している。

 普段は農作物の販売や一般向けの農業イベントなどで収入を得ているが、その傍ら、精神疾患や発達障害、知的障害がある人たちを受け入れ、農作業をする機会を提供してきた。

 1日だけの農業体験だけでな…

この記事は有料会員記事です。残り787文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら