[PR]

 第72回全日本合唱コンクール関東支部山梨県大会(県合唱連盟、朝日新聞社など主催)が8月31日、韮崎市の東京エレクトロン韮崎文化ホールで開幕した。初日は今年から新設された小学校部門に1団体、高校A、B部門に計13団体が出場した。1日まで。

 日川高校音楽部と山梨高校合唱部はお互いに部員不足のため合同で出場し、のびやかな歌声を響かせた。山梨高は部員が3年生2人で廃部が決まっており、日川高は出場条件の8人がそろっていなかった。夏休みはほぼ毎日、合同練習に励んだ。結果は銀賞。日川高の山岡詩歩部長(3年)は「山梨高のおかげで最後のコンクールに出られてよかった」。山梨高の大沢真那部長(3年)は「部員が2人だけになったときは不安だったが、みんなと歌えて感謝している。一生忘れられない思い出です」と笑顔で話した。

 小学校部門の代表は11月3日に東京都の新宿文化センターで開催される全国大会に出場し、高校部門の代表は9月21日に宇都宮市で開催される関東大会に進む。

 主な結果は次の通り(◎は県代…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも