[PR]

 第93回全国花火競技大会(大曲の花火)が31日、大仙市の雄物川河畔であり、選び抜かれた国内27社の花火師が技を競った。約1・3キロに及ぶ河畔を埋めた観客は行く夏の夜空を見上げ、伝統の技や創意工夫に富んだ1万8千発の花火を堪能した。

 打ち上げる花火の題名に元号の「令和」があったり、難度の高い技術に挑戦したりして、新たな時代の幕開けを意識した大会となった。今年から安全対策で、有料券を持たない観客は河川敷に入れなくなった。

 競技は「昼花火の部」、「10号玉の部」、「創造花火の部」の各部門で競われた。総合優勝者には内閣総理大臣賞が授与される。

 全国唯一の競技会となった昼花…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら