[PR]

 伝統工芸を伝えるイベント「千年未来工芸祭」が31日、福井県越前市高瀬2丁目のAW―Iスポーツアリーナで始まった。越前市を中心に県内外から約130の店や組合が出展し、工芸体験や作品の販売が行われた。1日まで。

 越前たんすのかんながけ体験は、多くの子どもたちでにぎわった。約1・5メートルの木材の表面に、職人に手を添えられながらかんなをかけた。越前市の酒井将輝君(5)は「難しすぎ!」と悪戦苦闘しながらも、削れた薄い木くずを見て満足げだった。

 越前指物協同組合の米倉正雄さん(68)は「越前たんすの職人は減っている。伝統工芸のよさを若い世代に伝えることで、技術が残ってほしい」と話した。

 1日は午前10時から午後4時…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら