[PR]

 44人が死亡した2001年の東京・歌舞伎町の雑居ビル火災で、次女(当時23)を亡くした女性(69)が31日夜、現場を訪れ、花を手向けた。長く足が遠のいていた現場。京都アニメーションで起きた放火殺人事件で伝えられる犠牲者の姿にまな娘が重なり、背中を押された。あの日から9月1日で18年。「懸命に生きた次女のことを伝えたかった」と思いを語った。

 次女が、生まれ育った新潟県の佐渡島を出たのは20歳の年の秋。「動物病院の看護師になりたい」と夢を追いかけ、東京へ。専門学校の学費をためようと、夜に営業する飲食店を選び、必死に働いていた。

 なぜ死ななければならなかった…

この記事は有料会員記事です。残り482文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り482文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り482文字有料会員になると続きをお読みいただけます。