[PR]

取材考記 ヨハネスブルク支局長・石原孝

 「躍動するアフリカは、今やともに成長するパートナー」。8月末に日本で開かれた第7回アフリカ開発会議(TICAD7)の記者会見で、安倍晋三首相は強調した。

 援助から民間投資を中心としたビジネスの活性化を議題の中心にし、日本企業のアフリカ進出を後押しする。それが、日本政府の狙いだった。会場では、約150の企業や団体が自社の商品や活動を熱心にPR。6年前に同じ会場で開かれたTICADと比較しても、経済が成長し、人口も急増するアフリカに関心を持つ人は多くなったと感じた。

 ただ、中小企業も含めた日本企業が今後、アフリカ諸国にこぞって進出するのかは不透明だ。

 アフリカ西部に進出する商社社…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら