[PR]

 鹿児島県警は31日、同居している4歳の女児の頭部を殴ったとして、同県出水市明神町、建設作業員日渡駿容疑者(21)を暴行容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。女児はその後、死亡が確認されており、県警が経緯を詳しく調べる。

 捜査1課などによると、日渡容疑者は8月27日午後7時半ごろから同8時ごろにかけて、自宅で大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)の頭部を1回、拳で殴った疑いがある。

 日渡容疑者は28日午後、自ら同市内の病院に璃愛來ちゃんを連れていっていた。29日に病院から「風呂場でおぼれたと連れてこられた女児が死亡した」と警察に通報があって発覚。県警が司法解剖した結果、水死した疑いがあるという。体には殴られたような複数の痕があったという。

 璃愛來ちゃんは、日渡容疑者の交際相手の女性の長女で、3人で生活していたという。

 璃愛來ちゃんは出水市の前、同県薩摩川内市に居住しており、今年3月18日、同市から虐待の疑いがあるとして薩摩川内署に通報があった。同日と翌19日、警察官や市職員らが自宅を訪れ、璃愛來ちゃんと母親に面会したが、璃愛來ちゃんの体に暴行が疑われるような傷は確認できず、発育状態の異常も認められなかったという。

 3月下旬~4月上旬には「夜間に1人で外出している」との通報を受けた同署が計4回璃愛來ちゃんを保護し、ネグレクト(育児放棄)の疑いもあるとして児童相談所に通告したという。(小瀬康太郎)