[PR]

 日韓関係が悪化し、日本への厳しい感情が韓国に広がる中、それでも「日本のアニメが好き」「日本が好き」という韓国人が京都を訪れている。日本を好きになったきっかけは、「京都アニメーション」の作品だったという。

 「残酷な事件が起きて、心が重いです……」

 3日午後、放火事件で35人が犠牲になった京アニ第1スタジオ(京都市伏見区)近くの献花台。韓国・ソウル市出身のIT会社員、チョ・チヒョンさん(31)=大阪市東成区=が静かに手を合わせていた。

 7月18日の事件以降、外国人が続々と献花台を訪れている。中国人が目立つが、チョさんのような韓国人ファンも少なくない。

 チョさんは日本で働きたいと考え、今年3月に来日した。日本を好きになったきっかけは、十数年前に見た京アニ制作のアニメ「涼宮(すずみや)ハルヒ」シリーズだ。「若者の青春や感情をリアルに描いていて絵もきれい。他のアニメとは違った独特の雰囲気があった」

 2015年と17年、京アニが2年に1度開くファン感謝イベントに参加するため、来日して京都を訪れた。17年のイベントでは、事件で犠牲になったことが公表された「らき☆すた」などの監督、武本康弘さん(47)が話す姿も見た。「落ち着いた話しぶりで真面目な方だなと感じた。ショックです……」

京アニが作ってくれた絆

 ソウルから旅行で日本を訪れた会社員イム・ウィギュンさん(27)は7月29日夜、第1スタジオを見上げていた。「日本を好きにさせてくれた存在なのに。本当にやるせない」

 もともと日本のことが好きではなかった。「学校や社会を通して、何となくそうした空気に染まっていた」。その認識が「100%変わった」のは中学生の時だった。アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」を見て衝撃をを受けた。アニメはほとんど見たことがなかったが、丁寧な作画や演出に引き込まれた。周りでもブームになり、「クラスの大半が見ていました」。

 独学で日本語を勉強し、インターネットを通じてアニメ好きの日本人の友達もできた。「ハルヒ」の登場人物のコスプレをするために来日し、東京・お台場で同人誌の即売会にも参加した。「京アニが自分を日本文化に導いてくれた。僕たちの青春の一部でした」

 日本政府による対韓輸出規制の強化などで日韓対立は激化している。「韓国でもいろんな意見がある」と声を落とすイムさんは、それでも、と言う。「文化に国境はない。僕たちには京アニがつくってくれた国境や人種を超えた絆がある。日本文化は自分の一部であり続けます」

■政治、アニメ好きには関…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら