[PR]

 指揮者の小澤征爾さん(83)が7月31日、東京都千代田区の紀尾井ホールでの演奏会に出演し、アジアの若手演奏者たちを相手に約10分間指揮した。ともに織り上げたのは、自らが好きなベートーベンの弦楽四重奏曲だった。

記事の最後に今回、小澤征爾さんがアジアの若手演奏者たちを指揮した様子を収めた動画があります。

 この日は若手の勉強会「小澤国際室内楽アカデミー奥志賀」の東京公演だった。「アカデミー」は、1996年に「若い人たちのためのサイトウ・キネン室内楽勉強会」として発足。毎夏、長野県山ノ内町の奥志賀高原で約20人の若手を世界的な演奏家が1週間から10日の合宿で指導し、その成果を現地と東京での演奏会で披露してきた。

 東京公演には、約550人が来場した。小澤さんはアカデミーの受講生と講師全員によるアンコールに登場。指導にあたったチェロの原田禎夫さん、ビオラの川本嘉子さん、バイオリンのジュリアン・ズルマンさんの元を回って握手を交わすと、椅子に腰掛け、べートーベンの「弦楽四重奏曲第16番」の第3楽章を静かに振りだした。上半身を揺らせ、時に左手を大きく動かして、演奏に強いコントラストをつけていた。

 演奏が終わると、満場の拍手に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら