[PR]

 米中貿易摩擦など世界経済の「不確実性」を挙げ、米連邦準備制度理事会(FRB)は利下げに踏み切った。しかし、米国の失業率は歴史的低水準を保ち、株価は7月に史上最高値を更新した。そのさなかにあえて「アクセル」を踏む決断をしたのは、トランプ米大統領と金融市場という二つの「圧力」にあらがいきれなくなった側面が強い。

 通商摩擦などの危機を自ら作り…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら