[PR]

 厚生労働省は1日、全国の児童相談所(児相)が2018年度に対応した児童虐待件数は、過去最多の15万9850件(速報値)だったと発表した。前年度から2万6072件増え、調査を始めた1990年度から28年連続で増えた。厚労省の担当者は「児相と関係機関との連携強化のほか、痛ましい事件が続き、国民の虐待への意識が高まったことが影響した」と分析している。

 内容別では、「心理的虐待」が8万8389件(55・3%)で最も多く、「身体的虐待」が4万256件(25・2%)、「ネグレクト」(育児放棄)が2万9474件(18・4%)、「性的虐待」が1731件(1・1%)。心理的虐待には、子どもの前で配偶者に暴力をふるう面前DVが含まれる。情報や相談が寄せられた経路は、全体の約50%が「警察等」からで、「近隣知人」が約13%で続いた。

 また、17年度に虐待で亡くなった子どもは65人(前年度比12人減)で、うち13人が心中だったことも発表した。児相は虐待通告を受けてから原則48時間以内に安全確認を行うルールがあるが、昨年7月20日~今年6月7日に確認対象となった子ども延べ15万3571人のうち、約8%でルールが守られていなかった。