[PR]

編集委員・福島申二

 NHKの大河ドラマ「いだてん」は視聴率こそいまひとつだが面白い。先月の放送では伝説の名選手、人見絹枝が、アムステルダム五輪の陸上女子800メートルで銀メダルをとっていた。

 女性ゆえに偏見や好奇の目にさらされながら、それをはね返すように新しい道を拓(ひら)いたアスリートだ。しかし栄誉から3年後の1931(昭和6)年夏、24歳で病のために早世してしまう。

 ドラマに重なるように胸に浮かんだのは、同時代を生きた一人の女性ジャーナリストだった。性差別という理不尽に立ち向かい、洞察に満ちた14冊の本を残して、人見と同じ夏に27歳で夭折(ようせつ)した。

 その人は北村兼子という。

 関西大学に学び、高等文官試験を受けようとしたが女性には許可されず、大阪朝日新聞の記者になった。たちまち頭角を現してめざましい筆を振るった。

 たとえば、「(女学校で)教わった事は大きな噓(うそ)である。先生は『女は奴隷に甘んぜよ』という耳ざわりの悪い言葉を修身に用いないで、『女は女らしく』といったような、円滑で狡猾(こうかつ)な陰険的感化をもって、限定せられた不自由な範疇(はんちゅう)の内に女性を追い込んでしまう」

 あるいは、「婦人が向上したら…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら