酪農家の味方、乳搾りロボット 北海道で急拡大

有料記事

長崎潤一郎
【動画】人手に頼らずミルクしぼり 北海道で搾乳ロボット急拡大=長崎潤一郎撮影
[PR]

 酪農が盛んな北海道で、乳搾りを自動化するロボットが急速に普及している。これまでは牛の乳頭に吸引管を一つずつ手作業で取り付けていた。ロボットは1台約3千万円と高価だが、365日休みがない重労働に悩む酪農家が相次ぎ導入している。

 北海道の中央に位置する十勝地方の上士幌(かみしほろ)町の牧場で7月下旬、オランダ・レリー社の新型搾乳ロボットの見学会が開かれた。オリックスの子会社で、輸入・販売を手がけるコーンズ・エージー(北海道恵庭(えにわ)市)が開催し、全国の酪農家ら約250人が参加した。

 牛舎の一角に設置されたゲート内で牛がエサを食べている間に、ロボットがアームを伸ばして四つの乳頭の位置をセンサーで確認し、吸引管を取り付ける。エサを目当てに牛が自らゲートに入るため、人が誘導する必要はない。

 耳もとに付けたタグで個体ごとにデータを管理しており、エサを食べようと同じ牛が繰り返しやってきても、一定の間隔を空けないとエサが出ず、搾乳も始まらない仕組みだ。新型ロボットは、従来型と基本的な構造は同じだが、消費電力が20%、維持管理コストが15%少ないという。価格は税別2700万円。

 コーンズ社は搾乳ロボットで…

この記事は有料記事です。残り400文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】すべての有料記事が読み放題!秋トクキャンペーン実施中!詳しくはこちら