[PR]

 文部科学省が小学6年と中学3年を対象に、4月に実施した全国学力調査で、県内の平均正答率は、小学校の各教科が全国平均を下回った。中学校の国語と数学は全国平均と同程度、今回初めて実施された英語は下回る結果となった。

 県教委によると、小学校では、例えば国語で「意味のつながりを考えながら接続詞を使って文を分けて書き直す問題」などで課題が見られた。国語と算数全体では、正答数が少ない層の割合が多く、低学年段階からの基礎的な知識や技能の積み重ねに課題があった。

 中学校の英語では、「与えられた情報に基づいて、三人称単数現在時制の文を正確に書く問題」で課題が見られたという。

 市町では、長与町が小中学校の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら