[PR]

 京都市伏見区の「京都アニメーション」第1スタジオで35人が死亡した放火殺人事件で、青葉真司容疑者(41)=殺人などの容疑で逮捕状=の自宅から、同社制作のアニメ「響け!ユーフォニアム」の色紙が押収されていたことが捜査関係者への取材でわかった。青葉容疑者は事件前、作品ゆかりの地を訪ね歩いており、京都府警は青葉容疑者がこの作品に関心を寄せていたとみて調べている。

 府警は7月26日、さいたま市見沼区の青葉容疑者宅を家宅捜索し、京都アニメーションの関連商品を押収した。捜査関係者によると、同社関連の書籍のほか、吹奏楽部員の青春を描いた「響け!ユーフォニアム」の色紙などグッズ類が含まれていたという。

 色紙は制作スタッフのサインやイラストが描かれていることが多く、映画公開時に特典として来場者に贈られるほか、同社の直営ショップでも購入できる。ネットオークションなどにも出品されている。

 青葉容疑者は事件3日前の7月…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら