[PR]

 介護の現場で働く人の平均年齢は46・2歳――。そんな調査結果を1日、介護職員らの労働組合「日本介護クラフトユニオン」が発表した。月給制では43・6歳、時給制では51・4歳。介護の担い手の高齢化が浮き彫りになった。

 今年3~4月、組合員約6400人を対象に実施し、3863人から回答を得た(回答率60・7%)。

 月給制では、50代以上の割合が過去最高の35・8%となり、同じ形式で調査を始めた2003年と比べて29・4ポイント増えた。30代以下は過去最低の36・3%で、同22・6ポイント減った。時給制では、50代以上が54・4%を占め、30代以下は18・5%だった。

 「働く上で不満はある」と答えた人は、月給制の80・0%、時給制の62・1%にのぼった。いずれも最も多かった理由は「賃金が安い」で、「仕事量が多い」が続いた。(石川春菜)