[PR]

 夏真っ盛りの8月1日。京の花街の芸妓(げいこ)や舞妓(まいこ)にとってこの日は、芸事の師匠やお茶屋などに、日ごろの感謝の気持ちを伝える伝統行事「八朔(はっさく)」の日だ。

 八朔は旧暦で8月1日(八月朔日〈ついたち〉)を指す。古くは「田の実の節」といい、実った田の稲穂に感謝し、豊作を祈った。「田の実」は「頼み」に通じることから、農家がお世話になった人にお礼や贈り物をした風習にちなみ、花街では新暦のこの日、芸妓や舞妓があいさつ回りをする。

 江戸・吉原の年中行事をうたい、清元の名曲とされる「北州」には、「はや八朔の白無垢(むく)の 雪白砂に降りあがり」の句がある。吉原では八朔の日、遊女たちが一斉に白無垢の着物を身に付ける習慣があった。

 一方、京都の花街、なかでも五…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら