[PR]

 米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は今月、在日米軍の駐留経費の大幅負担増を求めていたことが分かりました。「5倍」の要求をしたともいわれています。背景にはトランプ大統領の「日米同盟は不公平」という根強い考え方があるようです。

 そもそもなぜ、米国は軍を外国に駐留させているのでしょうか。また各国は駐留経費の負担をどのよう受け止めているのでしょうか。米国の安全保障に詳しい笹川平和財団上席研究員の渡部恒雄さんに話を聞きました。

 ――米国防総省の2018米会計年度の「基地構造報告書(Base Structure Report)」によると、米国が海外に展開する基地は45カ国、計514にのぼります。基地の内訳でみると、ドイツが194と最も多く、日本が121、韓国が83と続きます。なぜ米国は世界に兵力を展開しているのでしょうか。

 一言でいうと、米国は第2次世界大戦で欧州戦線と太平洋戦線に参戦し、欧州ではドイツとイタリア、アジアでは日本という枢軸国に対し、イギリスやフランスなどとともに連合国として戦いました。終戦後、ソ連と共産主義陣営の対立による冷戦構造に突入してしまったため、駐留せざるをえなかったのです。

 しかも、大戦で米本土は無傷でしたし、戦時中の工業生産の拡大もあり、軍事力と経済力で圧倒的な強さをみせ、世界の覇権国になりました。

 冷戦中、欧州ではソ連と同盟を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら