[PR]

 冷戦下の1988年に発効した米国とロシア(旧ソ連)の中距離核戦力(INF)全廃条約が2日、失効した。トランプ米政権が2月にロシアに離脱を正式通告した後、条約の規定で6カ月が経過したことに伴う。米国は中国を加えた新たな軍縮の枠組みを唱えるが、実現のめどは立っておらず、新たな軍拡競争に発展する恐れが強い。

 条約は核弾頭や通常弾頭を搭載する射程500~5500キロの地上発射型ミサイルの保有を禁じる。米ソ軍縮対話の基礎となり、冷戦終結の象徴でもあった。

 トランプ大統領はロシアが条約…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら