[PR]

 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議出席のためバンコクを訪れている河野太郎外相は1日夜、記者団の取材に応じた。同日午前の日韓外相会談で康京和(カンギョンファ)外相から「ホワイト国」の除外をやめるよう要請されたものの、「国際法違反の是正措置をとってほしい」などとして拒否したことを明らかにした。

 また、河野氏は康氏が破棄を示唆している日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に関し、「日韓の連携のなかで非常に重要だ」と強調。「他の問題と混同されることはない」と述べ、輸出規制の強化などとは切り離して考えるべきだとの認識を示した。

 一方、米国が日韓関係改善のための仲介案を提示したとされていることについて、「まったく事実としてない」と否定。日本側への提示はなく、2日の日米韓外相会談では北朝鮮政策が主要議題になると述べた。(バンコク=鬼原民幸)