[PR]

 北朝鮮による先月の飛翔(ひしょう)体の発射を受け、国連安全保障理事会は1日昼(日本時間2日未明)、非公開の緊急会合を開いた。開催を要請した英独仏は飛翔体を「弾道ミサイル」と断定し、会合後、「北朝鮮の核、弾道ミサイルの開発がやむまで国際社会による制裁は続けられなければならない」とする声明を発表した。

 韓国軍の合同参謀本部によると、北朝鮮は7月25日と31日、計4発の短距離弾道ミサイルを日本海に向けて発射。弾道ミサイルは明確な安保理決議違反となる。北朝鮮メディアは金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が31日に「ロケット砲」の射撃を視察したと報じた。

 会合は北朝鮮の2日の飛翔体発…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら