[PR]

 熊本県天草市の天草空港で1日、駐機していた天草エアラインの機体の燃料が高温になったため、午後の天草―熊本便と天草―福岡便の計3往復6便が欠航した。空港周辺の気温は午前9時前に30度を超えていた。1日からのダイヤ変更で、駐機時間が従来の約30分から約3時間に延びたことなども影響したという。

 同社によると、1日午後0時55分発熊本行きの201便(乗客13人)で、機体内の燃料が高温になっていることを示す警告灯が点灯。消防車で放水したが、温度は下がらず、同日午後の全便を欠航し、計117人に影響が出た。

 熊本地方気象台によると、空港周辺の気温は午前9時前には30度を超え、午後1時の気温は32・7度だった。

 同社では、機長1人が体調不良…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら