[PR]

 親会社のヤフーと対立したオフィス用品大手アスクルの定時株主総会が2日開かれ、創業者の岩田彰一郎社長の再任が否決された。協力関係にあった両者は個人向け通販事業を巡り対立し、親会社が子会社の社長を「数の力」で退任させる事態となった。正当な議決権行使とはいえ、他の少数株主からは不満が出たほか、独立社外取締役まで退任させたヤフーの姿勢には批判も出ている。ヤフーの親会社・ソフトバンクグループは「孫(正義会長兼社長)個人は今回のような手段を講じることに反対」としている。

議長席から取締役に「反論」も

 岩田氏の再任に対しては、アスクル株の45%を持つヤフー、アスクルの出身母体で11%を持つ文具大手プラスが反対。岩田氏を支持した独立社外取締役の戸田一雄(元松下電器産業副社長)、宮田秀明(東大名誉教授)、斉藤惇(プロ野球コミッショナー)の3氏の再任にも反対した。ヤフーなどは総会前にネットで議決権を行使し、過半数の反対で4氏の再任否決は確実となっており、総会で正式に再任が否決された。

 今回の対立のきっかけは、アスクルの個人向けネット通販「LOHACO(ロハコ)」事業のヤフーへの譲渡問題だ。譲渡検討を求めたヤフーに対し、アスクルは拒否。これを受け、ヤフーは業績低迷などを理由に岩田氏の再任に反対し、プラスも同調した。

 総会では支配株主のヤフーの主…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら