[PR]

 ロシアのメドベージェフ首相が2日午後、北方領土の択捉島に上陸した。メドベージェフ氏の北方領土訪問は、大統領時も含めて4年ぶり4度目。日本側の中止の呼びかけを無視しての訪問で、今後の日ロの平和条約交渉や北方領土での共同経済活動にも影響する可能性がある。

 タス通信によると、メドベージェフ氏は同島で、学校やアパートの建設現場や水産加工工場などの視察を予定している。インフラ整備の進む様子を内外にアピールし、ロシアの実効支配が進む実態を誇示する狙いがあるとみられる。

 ロシアメディアが7月24日、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら