[PR]

 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連の外相会議が開かれているバンコクで2日午前、政府の関連施設や鉄道駅など3カ所で爆発事件が起き、少なくとも4人がけがをした。ほかに複数の不審物が見つかり、タイ政府は外相会議の開催期間を狙った可能性もあるとみて捜査している。

 タイ警察によると、2日午前8時50分から約40分の間に、外相会議が開かれているホテルから2・5キロ南にある鉄道駅近くの路上、約10キロ東の路上、さらに15キロ北の政府関連施設の敷地内で爆発があった。爆発物をごみと間違って処理しようとした女性ら3人が目などにけがをしたという。

 複数の警察幹部によると、爆発のあった3カ所で計7個の手製爆弾が見つかり、いずれも同じ時間帯に爆発するようタイマーがセットされていたというが、爆発物の数などの情報は錯綜(さくそう)している。

 1日以降に警察や軍の施設近く…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら