[PR]

 ミュージアムパーク県自然博物館(茨城県坂東市大崎)で、様々な動植物の「狩り」に焦点をあてた展示会が、9月23日まで開催されている。「跳ぶ」「咬(か)む」など15の狩りの技を中心に迫力ある剝製(はくせい)など643点の展示物を通じて、狩りをする生き物の魅力を説明している。

 忍び寄るトラ、群れで追跡するオオカミ、急降下して襲うハヤブサ、時には数時間も待ち続けるホッキョクグマ……。表情豊かな剝製を通じて、臨場感あふれる世界中の生き物の狩りの技を紹介している。

 捕まえた獲物を木の枝などに突き刺す「はやにえ」の習性があるモズなど、博物館周辺でも観察できる生き物の剝製や標本も展示し、子どもらに身近な生き物の狩りにも関心を持ってもらう工夫も凝らした。

 展示した剝製は100点以上。…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【8/7まで】シンプルコース(月額980円)が今ならキャンペーン中!詳しくはこちら