[PR]

 那珂川町芳井の「ともちゃん農園」で、生えているキクラゲを自分でもぎ取る「キクラゲ狩り」が人気だ。東京電力福島第一原発事故の影響で原木シイタケの栽培を断念したが、新たに手がけたキクラゲの栽培が軌道に乗り、ファンも増えてきた。

 ハウスでキクラゲを育てる農園主は佐藤知子さん(61)。原木シイタケ栽培をしていたが、2011年3月の東日本大震災で大打撃を受けた。シイタケ栽培を断念し、しばらくパートに出ていたが、友人の勧めで15年からともちゃん農園の看板を立ち上げ、キクラゲの菌床栽培を始めた。

 失敗もあったが、シイタケ栽培の経験を生かし、キクラゲの栽培も軌道に乗せた。栽培する菌床は3年目に1200個、4年目は2560個と順調に増え、今年は3400個を管理している。

 キクラゲ狩りは昨年から始めた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら