[PR]

日曜に想う 編集委員・曽我豪

 似たようなときは似たようなことが起きるものらしい。

 参院選に向け、どの既成政党も期待を呼び込めず、低投票率が予想される。新党が旗揚げされ、党首は政治を変えるというが、大言壮語に聞こえなくもない。事前のマスコミの扱いは、他のミニ政党と十把一絡げである。

 党首は他の野党との競合を避け選挙区の候補擁立を見送る。自らも立った比例区の獲得議席の目標をこう明かす。

 「3議席以上取れれば成功だと思う」

 発言の主は、れいわ新選組の山本太郎代表かと思いきや、四半世紀以上も昔の日本新党の細川護熙代表である。

 結果、日本新党は旗揚げから2カ月後の1992年参院選で360万を超える票を集め、細川氏や小池百合子氏ら4人が当選した。同じくれいわは3カ月後の今夏参院選で約230万票を得て、特定枠で擁立した重度障害のある2人を当選させ、山本氏は落選した。

 結果に多少の違いはあれど、世間を瞠目(どうもく)させたブームは似てなくもない。ただ真価が問われるのは常にその後である。

     ◇

 似てなくもないのは政権側も同…

この記事は有料会員記事です。残り1206文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。