[PR]

 トランプ米大統領は1日、中国からの輸入品3千億ドル(約32兆円)分への追加関税「第4弾」を9月1日に発動すると表明した。上乗せ幅は10%で、中国からのほぼすべての輸入品に対象が広がる。米中の「休戦」はわずか1カ月で崩れ、中国側は「報復」に言及。世界の金融市場には動揺が広がった。

 トランプ氏はツイッターで、「中国は米国の農産物をたくさん買うと約束したのに、買っていない」と不満を表明。その後、記者団に「習近平(シーチンピン)国家主席はディール(取引)を望んでいたのに、率直に言って動きが遅かった」と失望をあらわにした。

 米中両首脳は6月末の大阪での会談で、「休戦」と協議再開で一致。トランプ氏は中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への制裁緩和を表明し、中国が巨額の米国農産品を輸入するとアピールしていた。7月30~31日には上海で高官級協議を開き、農産品の輸入拡大も議論。9月初旬にワシントンで協議を続けることになっていた。

 その直後に突然、制裁表明に踏み込んだのは、中国による農産品輸入が期待に見合わない程度なら、来年の大統領選に向けて対中強硬姿勢をアピールした方が得策、との判断が透ける。

 トランプ氏が1日夜、オハイオ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら