[PR]

 第64回県吹奏楽コンクール(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)は2日、鹿児島市の鹿児島市民文化ホールで大編成の中学校A部門の2日目があった。22校が出場し大編成ならではの力強い演奏を披露。川内南(薩摩川内市)など5校が上位大会への推薦候補に選ばれた。

 第64回九州吹奏楽コンクールの推薦候補には坂元(鹿児島市)、川内南、川内中央(以上薩摩川内市)の3校が、第15回南九州小編成吹奏楽コンテストの推薦候補には明和(鹿児島市)、垂水中央(垂水市)の2校が選ばれた。3日の最終日に県代表を決める。

 川内南の部長で3年の三浦佑月(ゆづき)さんは「笑顔で練習通りの力が出せました。九州大会へ出場できたら、支えてくれた人たちへの感謝の思いを込め、もっと笑顔で楽しんで演奏したい」と話した。

 印象に残った演奏に贈られる「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース