[PR]

 河野太郎外相、ポンペオ米国務長官、韓国の康京和(カンギョンファ)外相が2日、訪問先のバンコクで約30分間会談した。康氏は日本が「ホワイト国」(輸出優遇国)のリストから韓国を外す閣議決定をしたことに遺憾の意を表明。即時撤回と対話に応じるよう求めた。河野氏も日本の立場を説明。米国の前で日韓が応酬する異例の事態になった。

 会談後、日韓は個別に会談の概要を説明した。康氏は記者団に「米国もこの状況をとても憂慮している」と説明。「今後、困難ではあるが、どのような努力を米国ができるか、役割を果たしていきたいという話があった」とし、米国が日韓対立の緩和に取り組む姿勢を示したことを明かした。

 一方、日本外務省によると、ポンペオ氏は「憂慮」の表明はせず、「日韓両国が協力して前に進むことを促したい」と述べたという。ポンペオ氏から日本と韓国への具体的な仲裁案の提示もなかったという。

 日米韓外相会談は通常、北朝鮮…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら