[PR]

 一つのアニメ作品が生まれるには、まず企画会議から始まる。アニメ制作会社のプロデューサー、監督のほか、劇場公開作品なら映画会社のプロデューサーが、原作があるなら原作者かその代理となる出版社の担当編集者が、参加する。

 おおまかな物語や設定が決まれば、キャラクターデザインを発注する。これはアニメーターが担当することが多い。脚本家に脚本も発注する。

 次に、監督を筆頭とした演出スタッフが「絵コンテ」を作る。脚本に書かれた場面場面をカットに割り、構図とカメラワークを決め、キャラクターの動きや演技の指示を書き込む。その後は、原画・動画・彩色と、背景の工程に分かれる。

 アニメーターが、キャラクター…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら