[PR]

 米ロサンゼルスの連邦地裁陪審は1日、人気歌手ケイティ・ペリーさん(34)に楽曲を盗用されたとしてラップ歌手が起こした訴訟で、ペリーさんや共同制作者、レコード会社に計278万ドル(約3億円)の支払いを命じる判断を下した。ペリーさん側は上訴する方針。米メディアが伝えた。

 問題となったのは、ペリーさんの2013年のヒット曲「ダーク・ホース」。ラップ歌手マーカス・グレイさん(37)がフレームの名前で発表した楽曲「ジョイフル・ノイズ」と似ていると訴えていた。

 ペリーさん側は訴訟で、グレイさんの曲を聞いたことはなく、「誰でも利用可能であるべき音楽のアルファベットを自分のものにしようとしている」と主張。しかし、陪審は今週、著作権侵害と認定し、賠償額を議論していた。(時事)