【動画】日本航空の定期貨物便が9年ぶりに再開 米シカゴ―成田間を週3往復=根岸敦生撮影
[PR]

 日本航空の定期貨物便が9年ぶりに再開され、第1便が2日夜、成田空港に到着した。米国カリッタ航空の貨物専用ジャンボ機(ボーイング747―400)を使った共同運航便で、米シカゴ―成田間を週3往復する。

 第1便は自動車や自動車部品、化粧品など約60トンを積んで、2日午後7時前に着陸。機体前方の側面に日航の「鶴丸」のマークが貼られた真っ白な機体が駐機場に入ると、約30人のスタッフらが横断幕とともに手を振って出迎えた。

 日航は経営破綻(はたん)した2010年、当時は世界26都市32路線あった定期貨物便の運航を取りやめ、ジャンボ機7機など計9機の貨物専用機をすべて手放した。

 その後は、旅客機の貨物室を使…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら