[PR]

 鹿児島県警は3日、7月の参院選で、同県奄美大島にある特別養護老人ホーム(同県宇検村)の入所者の投票用紙に勝手に記入し、不正な投票をしたとして、施設長ら職員計4人を公職選挙法違反(投票偽造)容疑で逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 捜査2課などによると、逮捕されたのは社会福祉法人「緑虹会」の理事長で「虹の園」施設長、中田みどり(71)▽同園事務長、浅井光徳(58)▽同園職員、朝野繁子(59)▽同、中田晴美(52)の4容疑者。

 逮捕容疑は7月中旬、不在者投票が行われた同園で、意思表示ができない70~80代の女性入所者4人の参院選選挙区と比例代表の投票用紙に候補者名や政党名を勝手に書きこみ、村選挙管理委員会に送って不在者投票をしたというもの。(木脇みのり)