[PR]

 老後にむけた資産形成を促すため、厚生労働省が私的年金「確定拠出年金」についてまとめた改革案の概要が分かった。勤め先で「企業型」に加入する会社員が、個人で入る「個人型(iDeCo〈イデコ〉)」は原則として併用できないルールを改め、全ての会社員がイデコに入れるようにする。加入期間の延長など、他の利用拡大策も検討を進める。

 厚労省が確定拠出年金の改革に乗り出すのは、公的年金の水準が目減りする中で、老後の生活費を自助努力で増やしてもらう流れを強める狙いがある。今後、社会保障審議会(厚労相の諮問機関)での議論や財務省、与党との調整を進め、来年の通常国会への関連法改正案の提出を目指す。

 年金には、国民年金や厚生年金…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら