脅迫そして中止 また一つ「表現の不自由展」が生まれた

[PR]

 愛知県内で1日に開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」(津田大介芸術監督)の実行委員会は3日、企画展「表現の不自由展・その後」を中止すると発表した。企画展では、慰安婦を表現した少女像などを展示。抗議の電話が殺到するなどしていたため、津田氏らが内容の変更を含めた対応を検討していた。

視点 感情の時代の一面、あらわに

 多くの人が声を潜め、息を殺して見ている――。開幕2日目にあいちトリエンナーレを訪れ、一般来場者とともに「表現の不自由展・その後」の展示室を見たが、通常の展覧会では見られない空気が漂っていた。

 芸術監督の津田大介氏が、過…

この記事は有料会員記事です。残り531文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら