[PR]

 海と山が目前に迫る周防大島町で養蜂に取り組むカサハラハニー。島の風土と人にほれ込んだ笠原隆史社長(33)が移住して始めた。業界の常識と異なり、年間を通して巣箱を移動させない「島での養蜂」に挑戦している。

 瀬戸内海を望む小高い山の中腹に、50個ほどの巣箱が並ぶ。「ブーン」というハチの羽音が響く中、防護ネットで顔を覆った笠原さんが巣箱から巣を取り出すと、黄金色に輝くハチミツが詰まっていた。

 笠原さんが周防大島で養蜂を始めたのは、25歳だった2011年。両親や祖父母も岩国市で養蜂を営み、「ハチミツが当たり前のようにある環境」で育った。

 大学を卒業後、福岡県のホテル…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら