[PR]

 島田市観光協会は、10日に行う予定だった大井川花火大会を24日に延期すると5日、発表した。市観光課によると毎年、大会の1週間ほど前から両岸に近い中州に花火の打ち上げ台を設置する。ところが、今年は7月の長雨と台風の影響で大井川が増水し、中州への重機の進入路が確保できないという。花火大会の延期は、台風による2017年以来2年ぶり。

 大井川の上流にあたる川根本町の7月の降水量は487ミリ。中部電力の静岡水力センターによると、支流が合流する下流で特に水量が多くなり、川根本町の塩郷堰堤(えんてい)で満水のため、毎秒50トンを放流。島田市の川口発電所は流水量が平年の2倍の毎秒約100トンに達しているという。(阿久沢悦子)