[PR]

立憲・福山哲郎幹事長(発言録)

 愛知のトリエンナーレ(1日に開幕した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展)で、(慰安婦を表現した少女像などを展示した)「表現の不自由展・その後」が度重なる脅迫行為によって中止になった。非常に遺憾に思う。民主国家にとって表現の自由は最も大切にされなければいけない。脅迫行為で、表現の自由が侵されることは、我々立法府にいる者としてこの成り行きを注視していく。(5日、党会合で)