[PR]

 ゲームの勝敗を競う「eスポーツ」の世界市場規模は1千億円超とされる。2016年に誕生したプロチーム「名古屋OJA(オウジャ)ベビースター」に所属する愛知県豊田市出身の阿部俊輔さん(27)は今春、チームに入って月額報酬30万円の契約を締結。対戦型カードゲーム「シャドウバース」を1日10時間以上やり込む日もあるプロeスポーツ選手だ。試合で「ぼーいん」を名乗る彼には、医学部を目指した過去がある。

「医者になれ」プレッシャー

 自動車メーカー勤務の父と看護師だった母の間に生まれ、小学5年の時に母を亡くした。勉強に厳しい両親から「長男として立派であれ。医者になれ」と口酸っぱく言われ、「名古屋大学医学部合格」を課せられた。

 計算や英文のプリントを毎日数時間解き、屈指の進学校、愛知県立岡崎高校に入学。土日も1日8時間勉強した。しかし、勉強に身が入らない。医者になりたいと思わなかったからだ。好きだったのは勉強の後に遊ぶゲームだった。「ストリートファイターⅡ」や「ポケットモンスター」。技術を磨き、頭を使って強くなるゲームにはまった。

 中学の時、プロゲーマー梅原大吾さんの動画を見て衝撃を受けた。米国で開かれた「ストⅡ」の大会。早業で攻撃を防ぎ、必殺技を繰り出しての勝利に観客は沸いた。「ゲームで人を感動させる。こんな仕事を自分もやりたいと思った」

 しかし、父には怖くて「ゲーム…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら