[PR]

 兵庫県姫路市在住の映像作家・藤原次郎さん(64)が、撮影した姫路城の写真を市に寄贈した。虹と城をとらえた作品で、市の応接室に飾られた。

 写真は昨年8月の雨あがりに撮影された。姫路城の上空に二重の虹がかかった色彩鮮やかな作品。藤原さんが市役所を訪れて清元秀泰市長に手渡した。

 藤原さんは「珍しい景色を撮影できたので、姫路に恩返しをしたかった。城にかかる虹を見て、希望を感じてほしい」と話した。

 朝来市出身の藤原さんは、国際コンテスト「ワールドメディアフェスティバル」の旅行観光PR映像部門で金賞に輝くなど国内外で受賞している。昨年4月に大阪から姫路市に移住した。(直井政夫)