[PR]

 社会学者・大澤真幸さんの『社会学史』(講談社現代新書)が売れている。通説にとどまらず、社会学の歴史を独自の視点から再解釈した大胆な試みだ。大澤さんにとって、社会学とは何か、どんな役割を持つのかを聞いた。

 3月刊行で、600ページ超にも関わらず3万8千部に達した。「大澤さんならではの全体を俯瞰(ふかん)する仕事で、類書がなかった」(担当編集者)。講義形式の読みやすさもあり、幅広い世代に読まれている。

 通常は「社会学者」と呼ばれな…

この記事は有料会員記事です。残り1206文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら