[PR]

 10代に人気の広島FM「大窪シゲキの9ジラジ」が広島県呉市とタッグを組んだ企画で、同市をPRするラジオCMを高校生が考えました。今年で3回目。CM作りのプロの助言を受けながら、若い感性をはじけさせました。22日の同番組(午後8時開始)で、優秀作品が発表されます。

 公開ワークショップ「呉のCMを作ってクレ!2019」は2日、呉市役所でありました。呉と呉青山、呉三津田、呉宮原、広の5校の計28人が、部活動などの仲間で参加しました。与えられたテーマは「大好きで元気なまち! 『呉』の魅力」。尺(時間)は20秒です。講師はTOKYO FMのCMルーム長、荻原努さん(41)が務めました。

 「何をどう伝えるかを忘れない」「一つのCMに、一つのアイデア」「書いたCMコピーを声に出して読む」「なんでも自由なわけではない」「でも、思いっきり自由であろうとする 楽しむ!!」。

 コツとなる「5カ条」を、荻原…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら