被爆死した姉、かなわなかった恋 日記に残る男性の名は

有料記事モノ語る

田中瞳子
【動画】被爆後、最後に記した清野フミさんの恋心=安田桂子、日吉健吾撮影
[PR]

モノ語る【4】

 原爆で亡くなった姉の日記に、残されていた男性の名前。苦しんで死んだ姉の最期を恋心が彩っていたことが、弟にとってはわずかな救いとなっている。

 「はるばると、よくいらっしゃいました。ご縁があってうれしい、本当に」

 7月上旬、熊本県菊池市の古…

この記事は有料記事です。残り2681文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

平和連載・モノ語る

平和連載・モノ語る

戦争体験者が減る中、重みを増す「モノ」。そこに思いを託す人々の物語。[記事一覧へ]