【動画】被爆後、最後に記した清野フミさんの恋心=安田桂子、日吉健吾撮影
[PR]

モノ語る【4】

 原爆で亡くなった姉の日記に、残されていた男性の名前。苦しんで死んだ姉の最期を恋心が彩っていたことが、弟にとってはわずかな救いとなっている。

 「はるばると、よくいらっしゃいました。ご縁があってうれしい、本当に」

 7月上旬、熊本県菊池市の古民…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら