[PR]

 日光東照宮(日光市)では年1回、宮内庁式部職の楽師を招き、十数人の神職が笙(しょう)や篳篥(ひちりき)、笛など雅楽の特訓を受ける。65回目となる今年も、8月初旬に5日間、社務所2階を会場に練習会が開かれた。

 外は猛暑の時期。室内は冷房が効いて涼しいのだが、笙を奏でる神職のそばには火鉢が置かれていた。神職は大粒の汗を顔に浮かべながら、時折、笙の下部を火鉢に近づけている。

 暑さに耐える精神鍛錬などではないそうだ。笙を担当して32年の斎藤禎一さん(59)が説明してくれた。

 笙は長さが異なる17本の竹を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら